子供を認知したときの戸籍はどうなるか

認知には、任意認知と強制認知があります。認知をしても、子供が父親の戸籍に入れるわけではありません。

結婚をしていない男女の間に生まれた子供は、
法律上の子供と父親の関係ではありません。


“子供を認知したときの戸籍はどうなるか”の詳細は »

相続財産に株式がある場合の評価方法

上場株式の価格は常に変動しています。では、どのように評価するのでしょうか。

亡くなった方が株式を持っていた!
そのような場合、株式はどのくらいの価値があるのか、どうやって判断するのでしょう。

“相続財産に株式がある場合の評価方法”の詳細は »

相続手続きに不可欠な『印鑑』とは・・・?

故人の金融機関の口座を解約するなど、相続の手続きをするために提出する書類には、相続人が印鑑を押印することになります。

故人の金融機関の口座を解約するなど、相続の手続きをするために提出する書類には、

相続人が印鑑を押印することになります。

ただし、印鑑なら何でもいいというわけにはいきません。

『実印』を使用するのが原則です。

 

ではそもそも、実印とはどんなものなのでしょうか。
“相続手続きに不可欠な『印鑑』とは・・・?”の詳細は »

内縁と相続は結構な厳格な決まりを受ける

内縁は事実上の夫婦関係ですが、法律上は認められていません。したがって内縁の夫、妻には相続することができません。

内縁は事実上の夫婦関係ですが、法律上は認められていません。
したがって内縁の夫、妻には相続することができません。
“内縁と相続は結構な厳格な決まりを受ける”の詳細は »

遺品の整理業者の特徴を相続に利用する

遺言がない場合は、民法の規定に従って相続が行われる法定相続が発生します。遺贈により、相続人以外の者に遺産を与えることも可能となります。

遺品整理業者は、業界団体などもなくどちらかというと、雑居な立場の商売であることから、作業・サービス内容、料金等を比較し、良心的な業者を探すことが大切です。
“遺品の整理業者の特徴を相続に利用する”の詳細は »

代襲相続について条文を検討した

相続人が開始以前に死亡したり、欠格、廃除によって、権利を失った場合に、その子供や孫が相続をするという制度を代襲相続と言います。

(子及びその代襲者等の 相続 権)
887条 1項 被 相続人の子は、 相続 人となる。
“代襲相続について条文を検討した”の詳細は »

制度の趣旨から相続の欠格を把握する

相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の相続権を、制裁として当然に失わせるものをさします。

相続欠格は
相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の
相続権を、制裁として当然に失わせるものをさします。
“制度の趣旨から相続の欠格を把握する”の詳細は »

個人での商店や企業の相続する遺産と種類

細かい資産リストをつくっておくといいでしょう。遺言書には資産分類の経緯を書いておくとなお納得しやすくなりますよ

個人商店や個人事業の経営者の資産は以下のようなものがあります。
1:土地建物(自宅兼店舗、事務所)
兼務の場合の土地建物は店舗や事業所部分のみが対象となります。
“個人での商店や企業の相続する遺産と種類”の詳細は »

内縁の妻と子 の相続はある意味シビアです

相続時、法律上の配偶者ではない以上、結婚していないものとされ法律の特別な規定がない限り保護を受けることはありません。

内縁の妻の定義
法律上婚姻をしていない妻のことです。
“内縁の妻と子 の相続はある意味シビアです”の詳細は »

血縁の関係以外の遺産の相続

内縁の妻であっても特別縁故者に対する相続財産の分与制度を利用すれば相続が可能になりますよ

法律上、血縁関係にある一定の範囲(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)以外は相続権が認められていませんが、内縁の場合は事実関係は別として財産わけを請求することができません。
“血縁の関係以外の遺産の相続”の詳細は »

« 過去の記事