カテゴリー: 内容を把握した遺産分割協議

個人での商店や企業の相続する遺産と種類

細かい資産リストをつくっておくといいでしょう。遺言書には資産分類の経緯を書いておくとなお納得しやすくなりますよ

個人商店や個人事業の経営者の資産は以下のようなものがあります。
1:土地建物(自宅兼店舗、事務所)
兼務の場合の土地建物は店舗や事業所部分のみが対象となります。
“個人での商店や企業の相続する遺産と種類”の詳細は »

血縁の関係以外の遺産の相続

内縁の妻であっても特別縁故者に対する相続財産の分与制度を利用すれば相続が可能になりますよ

法律上、血縁関係にある一定の範囲(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)以外は相続権が認められていませんが、内縁の場合は事実関係は別として財産わけを請求することができません。
“血縁の関係以外の遺産の相続”の詳細は »

特別障害者に贈与したときの相続税は?

生活の安定のための目的であることに関しては一定の条件を満たしたときには贈与税は課税されませんよ

障害者控除では、心身障害者に対する相続税についてその親などの扶養義務者が死亡した後における生活安定のための相続財産の取得については生前に
財産を贈与し、その生活の安定のための目的であることに関しては心身障害者の受益が確実に保証されるなどの一定の条件を満たしたときには贈与税は課税されません。
“特別障害者に贈与したときの相続税は?”の詳細は »