相続と遺言信託とは浅からぬ関係を持つ

遺言は、通常は、「公正証書遺言」でない限りは、相続の際、家庭裁判所の検印が必要となりますよ

遺言信託という言葉を聞いたことがありますか。
おもにこんな内容のサービスをしています。
遺言の作成に関するコンサルティング
“相続と遺言信託とは浅からぬ関係を持つ”の詳細は »

特別障害者に贈与したときの相続税は?

生活の安定のための目的であることに関しては一定の条件を満たしたときには贈与税は課税されませんよ

障害者控除では、心身障害者に対する相続税についてその親などの扶養義務者が死亡した後における生活安定のための相続財産の取得については生前に
財産を贈与し、その生活の安定のための目的であることに関しては心身障害者の受益が確実に保証されるなどの一定の条件を満たしたときには贈与税は課税されません。
“特別障害者に贈与したときの相続税は?”の詳細は »

単独に相続するとこうなります

相続する財産を隠したり、使ってしまったりすると相続をすべて承認したものとみられますよ

放棄や限定承認をする時に相続する財産を隠したり、使ってしまったりすると(たとえ一部分でも)放棄や限定承認が認められず相続をすべて承認したものとみられます。
“単独に相続するとこうなります”の詳細は »

最新の記事 »