内縁の妻と子 の相続はある意味シビアです

内縁の妻の定義
法律上婚姻をしていない妻のことです。
婚姻届を出していなければ正式の妻ではありませんので内縁となります。内縁の妻は法律上は相続についてはなにも権利が認められていません。
法律上の配偶者ではない以上、結婚していないものとされ
法律の特別な規定がない限り保護を受けることはありません。
ただし、家を借りている権利(賃借権)は、相続できます。
内縁の妻から生まれた子も法律上は子として認知されていれば認められていますから相続権があります。

民法第900条  法定相続分
同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、
父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

生前身の回りのお世話をした方とか、介護の世話をした方、
また内縁の妻などをあわせて「特別縁故者」といいますが、これらの方に相続財産を受取る権利がないのです。

内縁の妻として長年内縁の夫につくしてきたとしても、戸籍上の婚姻関係がなければ、相続する権利はありません。
ところが、内縁の妻などの特別縁故者が相続財産を受取る方法が2つあります。

1の方法は、被相続人に親族の身寄りがなくて相続人がまったく見当たらないという場合に、内縁の妻などが特別縁故者として家庭裁判所に申し立てる方法です。
ふたつ目の方法は被相続人が亡くなる前から、遺言書で財産をゆずることを指定しておく方法です。

横浜から相続人の負担を代行する
数多くの相続の手続きを自分たちでやろうとするとかなりの負担です。
www.souzoku-shien.net

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む