代襲相続について条文を検討した

(子及びその代襲者等の 相続 権)
887条 1項 被 相続人の子は、 相続 人となる。
2項 被 相続 人の子が、 相続 の開始以前に死亡したとき、
又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その 相続 権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して 相続 人となる。
ただし、被 相続 人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3項 前項の規定は、代襲者が、 相続 の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲 相続権を
失った場合について準用する。
相続人が 相続 の開始以前に死亡したり、 相続 欠格、 相続 排除によって、
相続権を失った場合に、その子供や孫が 相続 ヲするという制度を代襲相続と言います。

上記のとおり、 相続 人である子供が既に亡くなっている場合には、
その子供の子供(孫)が代襲 相続 します。
被相続人(亡くなった人)に子供も親もすでにいない場合には、
兄弟の子供である甥、姪が 相続 することになります。
代襲 相続 になる場合
①相続人である子供、兄弟が相続開始前に死亡した
②相続人である子供、兄弟の相続欠格
③相続人である子供、兄弟の相続の廃除
(相続人の欠格事由とは)
891条 1項 次に掲げる者は、相続人となることができない。
① 故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死させ、
または死亡させようとして刑に処せられた者

② 被相続人が殺害されたことを知りながら、告訴、告発をしなかった者
ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族(子、孫、親、祖父、祖母)であった場合は、例外。
③ 詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取り消し、変更を妨げた者
④ 詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取り消し、変更をさせた者
⑤ 被相続人の遺言書を偽造、変更、破毀、隠匿した者

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む