カテゴリー: 法律を知って自分を強める

子供を認知したときの戸籍はどうなるか

認知には、任意認知と強制認知があります。認知をしても、子供が父親の戸籍に入れるわけではありません。

結婚をしていない男女の間に生まれた子供は、
法律上の子供と父親の関係ではありません。


“子供を認知したときの戸籍はどうなるか”の詳細は »

相続財産に株式がある場合の評価方法

上場株式の価格は常に変動しています。では、どのように評価するのでしょうか。

亡くなった方が株式を持っていた!
そのような場合、株式はどのくらいの価値があるのか、どうやって判断するのでしょう。

“相続財産に株式がある場合の評価方法”の詳細は »

相続と遺言信託とは浅からぬ関係を持つ

遺言は、通常は、「公正証書遺言」でない限りは、相続の際、家庭裁判所の検印が必要となりますよ

遺言信託という言葉を聞いたことがありますか。
おもにこんな内容のサービスをしています。
遺言の作成に関するコンサルティング
“相続と遺言信託とは浅からぬ関係を持つ”の詳細は »

単独に相続するとこうなります

相続する財産を隠したり、使ってしまったりすると相続をすべて承認したものとみられますよ

放棄や限定承認をする時に相続する財産を隠したり、使ってしまったりすると(たとえ一部分でも)放棄や限定承認が認められず相続をすべて承認したものとみられます。
“単独に相続するとこうなります”の詳細は »