相続と遺言信託とは浅からぬ関係を持つ

遺言信託という言葉を聞いたことがありますか。
おもにこんな内容のサービスをしています。
遺言の作成に関するコンサルティング
作成した遺言書を保管
遺言の執行
遺言の執行を引き受けない代わりに料金を低額にしたメニューも提供する信託銀行や金融き案もあります。
遺言の執行報酬は、相続税評価額の2.1%前後といわれています。
たとえば相続する人が財産管理能力がないような場合には資産活用のためにも遺言信託を利用してみるのもいいでしょう。
種類としては
・・・・遺言執行業務
・・・・遺言書管理業務
・・・・遺言整理業務
といったものが主なものです。

遺言の管理業務などは遺言の紛失や盗難にも一役買ってくれます。
信託業法第4条には、信託として引受できる財産が列挙されていますが、ここに記載のない財産は、信託業法上引き受けできません。
信託法1条の解釈として、遺言信託として引き受けられるのは、
債務(消極財産)を含まない積極財産のみである、とされています。
メリットは初めに述べた上記のように、
遺言は、通常は、「公正証書遺言」でない限りは、
相続の際、家庭裁判所の検印が必要となりますが遺言信託は、信託銀行が公正証書遺言の作成を手伝い、
保管してくれることで紛失や盗難の心配もなく被相続人が亡くなった時には、家庭裁判所の検印の必要もなく遺言に基づき遺産を配分することができる点です。

遺産を分けることだけでなく、相続税の申告、不動産の名義変更など複雑な手続きを代行する業務です。銀行や信託銀行が提携する税理士や司法書士などが相続人に代わってこれらの手続きを行います。
※ なお、法律によって銀行が信託業務で引受けられる範囲は、
財産に関するものだけです。したがって、身分(相続人の廃除など)に関する事項については、
遺言信託は関することができません。

横浜で相続手続きされた人の声
いろんな人がいて相続の手続きは多岐にわたります。だからこそ、経験が生きてくるのでしょうね。
www.souzoku-shien.net/voice/customers/015

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む