相続財産に株式がある場合の評価方法

亡くなった方が株式を持っていた!
そのような場合、株式はどのくらいの価値があるのか、どうやって判断するのでしょう。

相続財産の価値は、
『相続開始の日(課税時期)の価格=評価額』
が基本です。

しかしながら、上場株式の価格は常に変動しています。
そのため、他の財産と同様に、相続開始の日の価格=評価額とした場合、
相続した日時が少し違うだけで大きく評価額が異なり、課税が変わってしまうケースが出てきます。

これでは公平な課税とはいえませんよね。
そこで、上場株式については、以下の4つの価格から最も低い価格を評価額に出来ることになっています。

1)(被相続人が亡くなった月の)前々月の終値の日の平均値
2)(被相続人が亡くなった月の)前月の終値の日の平均値
3)(被相続人が亡くなった月の)月の終値の日の平均値
4)被相続人が亡くなった日の終値(最終価格)

毎日の終値や月平均値は、新聞やインターネットで確認できるほか、
証券会社や税務署に問い合わせして確認することも可能です。

この際注意したいのは、株式は『上場株式かどうか』で、評価の仕方が変わるということです。
前述したのは、あくまでも上場株式の場合で、
それ以外の、公開途上にある株式や非上場株式については、
会社の規模・相続人とその会社の関係、などにより評価が変わってきます。

この場合はより、評価が複雑であるので、税理士などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

«
»
 

トラックバックURL