子供を認知したときの戸籍はどうなるか

結婚をしていない男女の間に生まれた子供は、
法律上の子供と父親の関係ではありません。

実際に、血縁関係があっても、
父親が、認知という手続きをして、
自分の子供だと認めない限り、父親からの
保護は受けれません。

認知をするには、父親が認知届を出す場合と
認知しない父親を相手取り、家庭裁判所に申立てをして
認知を求める調停をして、認知させる場合があります。

いずれの方法も、市町村に認知届が受理されると
法律上の父子関係となり、
父親と、子供の戸籍にその事実が記載されます。
認知されたからといって、
父親の戸籍に入れるわけではありません。
父親の戸籍に入るには、別の手続きが必要です。

戸籍の記載は、
父親の戸籍の身分事項欄に、○○○を認知届出と記載されます。
電子化された戸籍では、
認知日
認知した子の名前
認知した子の戸籍
という項目が追加されます。

子供の戸籍には
子の身分事項欄に、認知事項が記載されます。

遺言による認知の場合は、認知者氏名に
記載された父親の氏名の前に「亡」とつきます。

«
 

トラックバックURL